Warning: file_get_contents(http://chiebukuro.yahooapis.jp/Chiebukuro/V1/questionSearch?appid=iPuLbuexg67yIexdSRnYDr1j29k4YlKNm82jxV9lIhmegbNOB.DB77tElXSonsh8KQ--&results=1&query=%E9%9D%92%E9%9B%B2%E5%AD%A6%E5%9C%92%E9%AB%98%E6%A0%A1) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /var/www/html/high-schools.jp/review.php on line 102
青雲学園高校の偏差値
 
 青雲学園高校 (私立 ・ 共学)
 〒851-2197 長崎県西彼杵郡時津町左底245-2  
 偏差値 : 75

青雲中学校・高等学校(せいうんちゅうがっこう・こうとうがっこう)長崎県西彼杵郡時津町にある私立学校。「学校法人青雲學園」が運営する。

青雲学園は、いわゆる中高一貫教育の学校であり、中学校と高等学校を併設する。1975年に設立された比較的新しい学校ながら、既に九州では指折りの進学校である。ラサール、久留米大附設に続く難易度と進学実績は広く認知されている。3校を称して「九州御三家」「九州BIG3」などと表現される。周囲は山で囲まれ閑静で勉学には最適な地に位置し、しかも大村湾が一望できる。定員は中学150名(男子)、高校男女各50名の計250名。中学校に在籍する生徒は、学業成績等が悪くない限り併設する高校に進学することとなる。全国から「青雲の志」を持った俊秀が集い、その卒業生の多くが国公立大学や難関私立大学へ進む。質の高い授業が定評であり、塾などに通う生徒はほとんどなく、毎年東京大学20名、国公立大学医学部に40名程度の合格者を出している。医師の子弟が多いこともあり、医学部合格者数、率とも全国屈指である。

中学校は男子校だが、高等学校は共学校である(平成7年度入学の21回生から)。校風は質実剛健で厳しい。強い精神力と体力を養うために、体育教育には力を入れており、冬には青雲坂とよばれる坂道を持久走するトレーニングを行っている(中学1・2年・及び高校女子は3周、高校3年を除く他の学年は4周)。その青雲坂は傾斜約8度から12度で、800mもある。また、寮は望山寮、和敬寮で成り立っており、望山寮には中学1年〜高校1年、和敬寮には高校2・3年が過ごしている。さらに、寮監に自衛隊出身者が多いことでも有名で、元寮監長には太平洋戦争時の駆逐艦長上がりや、南極観測隊の隊員出身もいる。


[ Wikipediaから引用 ]

青雲学園高校の話題 by Yahoo!知恵袋

投稿はありません


注意 : 当サイトの偏差値ランキングは正確性を保障するものではありません。あくまでも目安としてお考えください。