Warning: file_get_contents(http://chiebukuro.yahooapis.jp/Chiebukuro/V1/questionSearch?appid=iPuLbuexg67yIexdSRnYDr1j29k4YlKNm82jxV9lIhmegbNOB.DB77tElXSonsh8KQ--&results=1&query=%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AD%A6%E6%A0%A1) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /var/www/html/high-schools.jp/review.php on line 102
福島工業高等専門学校の偏差値
 
 福島工業高等専門学校 (国立 ・ 男女)
 〒970-8034 福島県いわき市平上荒川字長尾30  
 偏差値 : 62

福島工業高等専門学校(ふくしまこうぎょうこうとうせんもんがっこう、英称:Fukushima National College of Technology, FNCT)は、福島県いわき市にある日本の国立高等専門学校である。1962年に設置された。略称(通称)は福島高専。

福島工業高等専門学校は、本科5学科・専攻科3専攻で構成する、主に工学系の中堅技術者の養成を目的にした学校である。全国55校の国立高専にあって3学科のみとなる文系学科も設置されている。

いわき市の中心市街地・いわき駅からバスで10分ほどと、交通利便な立地である。キャンパスは緑にあふれ、ツツジの季節になると構内を開放して、市民に親しまれている。正面玄関にあるケヤキの大木は、学校のシンボル的存在。林野を切り開いて校地を整備した際、そのまま残されたものである。物質化学棟の北側にそびえるクスノキは、旧平町役場の庁舎が1900年に建設された際の記念植樹を1978年に移植したもの。樹齢はすでに100年余となる。

さらに、ケヤキの前には、彫刻界の第一人者・佐藤忠良から寄贈を受けたブロンズの「青年の像」(1969年9月除幕)が建立され、中庭にも佐藤の「母子想」(1953年作)が立ち、文化的な雰囲気を漂わせている。「母子想」の所有者は常磐炭砿(後の常磐興産)であったが、自社炭鉱の閉山にともなって寄贈を受け、1973年1月、同地に移設されたものである。また、校地の背後には、本州で最後まで採掘が行われていた常磐炭田の廃坑が点在し、石炭産業で栄えた往時の面影を残している。

福島高専の置かれているいわき市は1964年、「常磐・郡山」地区の一部として新産業都市に指定され、新産業都市法廃止後、一帯は常磐工業地域と呼称されるようになった。福島高専は、近隣に小名浜の臨海工業地域などが控え、東北地方最大の工業都市にある工学系の高等教育機関として、一定の存在感を示している。


[ Wikipediaから引用 ]

福島工業高等専門学校の話題 by Yahoo!知恵袋

投稿はありません


注意 : 当サイトの偏差値ランキングは正確性を保障するものではありません。あくまでも目安としてお考えください。